ホーム > iPhone 6(アイフォン 6) > iPhone6(アイフォン6)最新情報!iPhone6(アイフォン6)無線充電、サンダーボルト(Thunderbolt)をサポート?

iPhone6(アイフォン6)最新情報!iPhone6(アイフォン6)無線充電、サンダーボルト(Thunderbolt)をサポート?

iPhone6(アイフォン6)最新情報!iPhone6(アイフォン6)は、無線で充電する?
iPhone6(アイフォン6)無線充電、サンダーボルト(Thunderbolt)をサポート!

iPhone6画像(アイフォン6画像)

9月にiPhone5(アイフォン5)発売説が有力な中、2012年にApple(アップル)社のビジネスへの関心が熱い。

iPhone5(アイフォン5)ではなく、2012年下半期に発表されるiPhone6(アイフォン6)で大々的な技術革新がなされると期待されているからだ。

ウォールストリートジャーナル(The Wall Street Journal、WSJ)は、iPhone5(アイフォン5)の9月発売説がほぼ確定的に扱って、その後、iPhone6(アイフォン6)の説明を追加した。

ウォールストリートジャーナル(The Wall Street Journal、WSJ)は、"Apple(アップル)社が今、大きな成功を収めているが、投資家は、2012年Apple(アップル)社のビジネスに大きな期待をかけている"とし、"iPhone5(アイフォン5)よりも、iPhone6(アイフォン6)で大々的な技術革新が行われるだろう"と報道した。

最近のApple(アップル)はワイヤレス充電技術の特許を出願したが、ウォールストリートジャーナル(The Wall Street Journal、WSJ)は、この技術を実験したことがあるApple(アップル)社の内部関係者の話として、無線充電技術はiPhone6(アイフォン6)で適用されるものだと主張した。

 

iPhone6(アイフォン6)最新情報!iPhone6(アイフォン6)無線充電、サンダーボルト(Thunderbolt)をサポート? (1)

 

Apple(アップル)が先月末、米国特許庁に特許出願した無線充電技術は、遠距離でも、バッテリーを充電するための近距離磁気共鳴(Near field magnetic resonance NFMR)方式だ。

近距離磁気共鳴(Near field magnetic resonance NFMR)がインストールされた場所から1メートル以内にある複数台のiPhone(アイフォン)、iPad(アイパッド)、iPod(アイポッド)などを一度にワイヤレスで充電することができる。

また、Apple(アップル)は、iPhone6(アイフォン6)では、iOS端末とPC(パソコン)の接続をUSBではなく、サンダーボルト(Thunderbolt)のポートでサポートする可能性も提起されている。

Apple(アップル)とIntel(インテル)が共同開発したサンダーボルト(Thunderbolt)は、最大10Gbpsのデータ転送速度を提供することができる。

これは、現在の標準であるUSB 3.0の最大速度の2倍に達する。

特に、サンダーボルト(Thunderbolt)は、ハブがなくても、複数のデバイスを続けて連続的につなぐことができ、音声と映像まで統合伝送するインターフェイスだ。

ウォールストリートジャーナル(The Wall Street Journal、WSJ)&アップルインサイダー(AppleInsider)は、Apple(アップル)が最近、"サンダーボルト(Thunderbolt)ソフトウェア品質エンジニア"の求人公告を出したという点に注目している。

 

iPhone6(アイフォン6)最新情報!

iPhone6(アイフォン6)あるいはiPad3(アイパッド3)はUSBではなく、サンダーボルト(Thunderbolt)のポートをデフォルトサポートすることが予想されるという。

Apple(アップル)は、1995年に高速のFireWireインターフェースを開発したが、高価なライセンス料と閉鎖性、業界の外面を受けたことがある。 業界では、代わりにUSBを選択した。

しかし、今回は標準的なインターフェイスの代名詞であるIntel(インテル)と共同で開発した上、統合性、オープン性、スピードが卓越し、業界の支援の拡大が期待されている。

ニュース リンク

  • feedを購読

人気記事


カテゴリー


最近の投稿


タグ


人気サイト


ページの先頭へ